スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | page top↑
解禁まであと少し
2006 / 01 / 31 ( Tue )
今年も早くも1月31日、後16日で長野では渓流の釣りが解禁になります、本日、私の佐久漁協の年券が到着致しました、ナンバーは13番でした、これで準備は万端なのですが、体調が思わしく無く、釣りに行けるのは暖かくなってからかな~!!
それまで、シコシコとフライを巻いておこうかな?
オットイケナイ、愛犬のラルフ君の世話をしなければ、、、
それまで皆様キャッチ&リリースで御願い致します(私は何時でも)、
放流したての鰭の丸い引きの弱い渓魚達を御持ち帰りになられるならばどうぞスーパーマーケットで御買い求めて下さい。

年券到着

スポンサーサイト
フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
ランディングネットの編み方
2005 / 10 / 25 ( Tue )
ランディングネットの編み方を教えてほしいとの御連絡が
ありましたが私のホームページの工作室で見る事が出来ます、
以前はヤフオクで私のクレモナ糸を購入して頂いた方にのみ
御紹介していましたが、11月中旬まで限定でアルバムを
オープンにしています、こちらを御覧下さいませ。

http://www2.ttcn.ne.jp/~nazonomekishikan/newpage7kosaku.htm
フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
掘り出し物
2005 / 09 / 23 ( Fri )
今日は秋の御彼岸の中日、向島の祖母の墓参りの後にチョッと遠回りにはなりましたが、新木場の「もくもく」へ行って来ました、以前とは内部の配置が換わっていて初めはウロウロとしましたが、ランディングネットのグリップ用の掘り出し物を探し当てました、ソフトメイプルの綺麗な瘤模様が出ていて縦30cm横15.5cm厚さが2.3cmだったので1.6cmに加工してもらいました、加工賃も100円だったかな?本体価格も中央に穴が開いてクラックも入っていたので2,000円弱だったのですが、グリップにするには取り方にもよりますが3~4本分は取れると思い思わず購入してしまいました。
でも金に糸目を付けなければ、もっともっと欲しい物が有り過ぎて困りました、最近は同様に釣具用に木材を購入する人が増えていると店員さんも言っていました、蛇足ですが、「もくもく」木の愛好会に入会すると「木工素材売場」の商品が5%割引になります、当日入会でも割引が摘要されますし、特売情報などの連絡も有り、お徳ですよ、(御店の回し者ではありませんが、)場所は新木場駅の駅前です、昔は貯木場以外何にも無かったのですが最近はオフィスビルもありで様変わりしています、御近くに寄った際には如何ですか?でもあれこれと見ているだけでも時間が早く過ぎてしまうので御注意下さい。


フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
オールドスケルトンリール
2005 / 09 / 17 ( Sat )
釣りに行けないので、またオールドスケルトンリールを買ってしまった、このリールは綺麗なのでこのまま使用したいと思いますがクリックチェンジ用のボタン?が取てしまったがポンチ(小さいドライバーで修復)、でもシルクラインorオールドナイロンラインならばG番手=一般の3番のライン程度の物ならばライン+バッキングラインは巻けると思いますが、現代のナイロンラインならばハーフライン+バッギングラインが丁度良いと思います。私は通常、軽井沢/湯川や千曲川の中・上流でフライをしていますのでハーフラインで十分と言えば十分ですが、(今は体調不良で行けていませんが)そう言えば、今日は友人達が金峰山に行っていますが、、、
あ~あ早く体調を整えて釣りに行きたいな~!!でも後半月で禁漁ですね、無理をせず釣りは友人に任せて今後の為にも発眼卵の放流は必ず今年も行いたいと思っています。それから皆様ヤフーのオークションで手染めのクレモナ糸を買って下さいね!!私が丹精込めて染色していますので綺麗な色が出ていると思います、ネットの編み方も御教え致しますので始めての方でも自分だけのネットがきっと出来ると思いますよ、今まで市販のランデングネットをを使いの貴方も自作のネットを現在のフレームを付けるだけでも愛着が沸きますよ~!!
リンク先は http://auctions.yahoo.co.jp/jp/booth/m14381438 です。宜しく御願い致します。
スケルトンリール

フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
西洋毛鉤鱒釣師譚
2005 / 09 / 01 ( Thu )
先日やっとヤフーのオークションで私の所属するJFF名誉会長の故芦沢洋一様の「西洋毛鉤鱒釣師譚」を落札出来て本日到着致しました、日本のフライフイッシッングの草分の氏の著作本はある程度所有しておりますがこの本がなかなか手に入らずに(高値の為)思案しておりました、しかし今回落札出来て良かったです、巻頭に書いてある「釣りする心を教えてくれた父と、書に親しみ野を歩く楽しみを教えてくれた母にフライ・ロッドを持つ日本の鱒釣りたちに」と言う書き出しに早くも感動しております、早速本文を読みたいとおもいます。
感想文は後日(かなり時間が掛かると思います)に記載致します。
西洋毛鉤鱒釣師譚

フライフィッシング | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。